水商売の形態

昔からキャバクラや風俗などの水商売と言われている業種はたくさんありますが、ここ最近では更に多くの形態となって展開されています。
昔はクラブ等高級店が多かった銀座や六本木にもキャバクラといった比較的リーズナブルな店舗が増えてきています。六本木などは昔から芸能人やスポーツ選手が多く遊びに来ている街なので、そういった職業の人も最近はクラブではなくキャバクラでお酒を飲んだりしているようです。ある人は六本木は昔から比べると若い人間が多くなってきたと言っていました。

もちろん地域にもよりますが、キャバクラだけで考えてみても「朝キャバ」や「昼キャバ」といった営業時間によって変化している業種もあります。
昔は20:00~翌朝5:00までが主流でしたが、風営法の規制が強まって現在は25:00までが基本的な営業時間となっています。そこで朝キャバは5:00~11:00までの営業で昼キャバは10:00~16:00という風に一日中1:00~5:00までの時間以外は楽しめるようになっています。
銀座や六本木などの比較的敷居の高い地域には少ないようですが、池袋や歌舞伎町といった学生やOLが多くいる地域にはこういった変則的な営業時間で開店しているお店も増えてきています。
もともと自由シフトの世界ですから、こういった形で勤務時間も幅広く選択できることによって今まで以上に学生やOLがこの世界に入ってきているようです。
中には本職のキャバ嬢が、小遣い稼ぎで朝キャバや昼キャバでアルバイトしていることもあるそうです。






What's New

2013/02/04
新着記事2を更新。
2012/10/24
新着記事を更新。
2012/04/12
新着記事を更新。
2011/11/08
キャバクラの裏側2を更新。
2011/11/08
キャバクラの裏側を更新。
2011/11/08
新着記事を更新。
2011/11/08
指名を獲得しようを更新。
2011/11/08
注意点を更新。
2011/11/08
六本木 キャバクラ巡々を更新。
2011/11/08
ホームページリニューアル